忍者ブログ
日々精進!雑談と製作記録
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ラッカ
性別:
非公開
自己紹介:
SDと洋服とミシンを愛する妖怪。
カウンター
最新CM
[01/16 tumugi07]
[02/20 ラッカ]
[02/19 バッハ]
[02/18 ラッカ]
[02/18 バッハ]
最新TB
プーペガール
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

また寒い雨のぐずついた日が来ていますね。
もう冬も終わりなんでしょうが、春の気配はまだ感じられません。
私の脳みそは万年春ですが、頭に桜は生えてきません。

そろそろ気合い入れて区役所に行かなければいけないのですが。
なんだかんだとグズグズしてまだ行っていません。
すぐ終わる用事なんだから今日明日にも出向かなければ。

今日は兄の誕生日だったので、気持ち悪いほどかわいいデコメを送りつけときました。
先日ネスカフェのサイトで「違いが分かる男フレーム」を使って
兄のおバカショットで加工写真を作ってあげたのですが
大沢たかおさんのようにかっこよく決まりませんでした。とても残念です。
お姉さんにも送ったら、「お兄さんかわいいね」と言われました。おねえさんは優しいです。
次の日兄から送られてきたメールはただ一言、
「ウ○コ」
妹の冗談が分からないなんて残酷です。
「違いが分かる男」ではなく「空気が読めない男」です。

日曜にカットモデルという名の実験台になってきました。
結果から言いますと、非常に残念なことになりました。もう二度とやらん。
怒るほどじゃないけど、鏡はしばらく見たくないです。
以下愚痴は追記に畳んでおきます。



とあるきっかけで知り合ったアメリカ人からメールが来ます。
前会った時は雰囲気と酒にグダグダ状態(いつも)だったのと
「サイトとか持ってる?」と聞かれた時、普段なら持っていない名刺を
たまたま持っていて、撒く口実にうっかり渡してしまったのが失敗だった。
本気で英語しかできないようで、日本語なんてさっぱりだったので
サイト見てもわからんしその時の勢いだろう~と思ったのが甘かった。
こないだは「今バカンス中で日本に来てるんだ!」的なことを言っていたが
今度もまた「バカンスで日本に行くんだ!会おうぜ!」らしい。
あんたどんだけバカンスあるんね!ていうか懲りてねえ。
妙なクラブイベントより浅草とか行ったほうが日本が堪能できるぞー。
話した時に私の英語力が絶望的なことがわからなかったのだろうか?
なんというか、そういうイベントやどぎつい恰好でも全く警戒心がないのは
ありがたいのですが、言葉の壁が高すぎる。
申し訳ないがとりあえず無視一徹です。
そういやちょっと仲良くなったペルシャ人は坪や反や町を瞬時に理解するほどで
すごくびっくりした経験が。私でも曖昧なのに恐るべし。

カットとカラー合わせて5時間以上。帰ってきたのは日付が変わるころでした。
とっても疲れた…色々な意味で。
これからカットモデルやってみようかしら?な方は注意です。
以下体験談です。

カットモデルって結局のところ若手の練習台ってのは承知済み。
承知の上でやってみたものの…いやあ難しいですね。
美容院に行く時はしたい髪形を伝えるのはもちろん、雰囲気が読めるように服装を考え、
自分からどういうものが好きかとか趣味などを雑談して
そこから自分の雰囲気という物を感じ取ってもらえるように心がけています。
が、今回の相手はそれがまっっっったく通じなかった!
今までの美容師で久々の強敵でした。
ひたすら自分の腕に自信を持ち、仮にも客の意見はなんだかんだと踏み倒し。
店長が帰った後はどれだけ自分が優秀かを語る。
あげく提案してくるスタイリングは、希望したものと全く違うスタイル。
最初にあれだけ時間かけて細かくカウンセリング指示したのは聞いていたのか?
今までもそういう人はたくさん見たので、鼻っ柱をくじいてやろうかと思いましたが、
あまりにえげつないのでそれはやめました。

5時間の間、「髪すごい傷んでますね!」15回以上聞いた。知ってます。
10回目くらいから「美容院行くと傷んでる傷んでるうるさいやつ嫌なんだよ」を
オブラートとやぶれた新聞紙で軽く包んで言ってみたが効果なし。
話下手も話上手もいるので、相手に合わせて会話をします。
私も話上手なほうではないですが、「そうですかー」だけで終わらずに
切り返して話を続けるし、相手の食いつく話題を探ってもみる。
アシスタントでついた人はとっても話下手だったのですが、
後半になると一生懸命好きなマンガの話をしてくれて、私も無駄知識が役に立った。
とても礼儀正しくて、ドライヤーするにも手が震えていたので緊張してたんだろう。
ただ、主にカット担当してくれた彼は…ちょっと心配。
よほど腕に自信があるせいか、我を通しまくりで客の要望一切無視。
ありゃ一度こてんぱちんに挫折しないとだめだな、と鬼の意見。

下は20センチカット、トップは盛るので15センチでレイヤー。
カラーはアッシュ系の薄いカラーが希望だったのですが、
なぜか30センチ以上切られて、トップはボブカット。
カラーは金髪にした時点で「これ以上のカラーは髪が切れてスタイル崩れるから無理」。
実験台にしてもこれはひどすぎると思った。
さすがに何か察したらしく、カラー代金を払おうとしたら「今日はいいです」。
一応お礼を言ってご厚意は頂戴しました。
が、もう二度と同じところには行きません。

帰りにごついニーハイでとぼとぼ歩いていると、駅前に数人の高校生らしきグループ。
最近春休みのせいか中学生的ヤンキー集団にかちあうとホントにきまづい。
普通に指差されたりガン見されます。何も悪いことしてない!(ナウシカ)
もう完璧に目が「お水の出勤だ…」であった。ダンジネス違う!!!
ど金髪を巻いてギャル系の服で夜中に歩いているなんてどう見てもキャバ。
家帰ってスゴイ金髪の自分を見て哀しくなりました。
金髪は好きだけど…なんか違うんだよ…
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[426] [425] [424] [423] [422] [421] [420] [419] [418] [417] [416]

Copyright c 頽廃芸術展。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]